新規入会説明会

2009年 新規入会説明会
平成21年1月25日(日)


昨年は踊り子120名。
め組の踊り子上限120名…。
全員継続だったら、今年度待機者が出るかも…? 

そんな嬉しい心配もしていましたが、受験などで休会・退会者がいて、
今年度新規メンバー受付に。

…と言っても、め組は会員の紹介でないと入れない!
「会員は、会員の紹介者のみとする」 これが規約にも入っています。
人と人との繋がりで出来ているめ組。
それが、ここまでの大人数になったのも、みんなの雰囲気がとってもいいから♪

そして、今回また新しいお友達が説明会に来てくれました。
昨年は、すごい大人数で、一気にめ組が膨れ上がりましたが、
今回来て下さった方は、2名。
でも、すごく熱い気持ちで入会を決めていて、
「見学・体験して、良く考えてから、入会で大丈夫です。」と言ったのに、
もう即答!
「いえ、やります!!」
その場で、申し込み書を書いてくれました(*^_^*)

 

また 熱いメンバーが増えて、私達も「負けちゃいられない!」と刺激を受けそうです!!
2009年 め組も楽しみにしていて下さい\(^o^)/

 

 

新メンバーさん♪ 一緒に楽しい思い出、たくさん作りましょうね(^_-)-☆
よろしくお願いしまぁ~す(^O^)/




2009.01.27 (Tue) 00:00
~中間報告~

夏舞徒ライブ練習 ~中間報告~


め組は、毎週4時間の練習を行い、始めは振りを思い出すところからのスタートでしたが、
少しずつ固めも行って、段々と完成度が高くなってきました!

24日の練習では、ダンスリーダー達から話がありました。
今回の夏舞徒ライブと、今までのイベントの演舞と違うところ、それは観に来て下さる方から、 お金をいただくということです! チケットを買って、観に来てくれる、その意味をよく考えて、今までのように楽しいということだけではダメ!
みんなが意識を変えて踊らないとダメです!
それと、もう一つ、夏舞徒の記念イベントだということ。
その舞台に、ゲストとして立たせてもらえるということ、
子どももみんな自覚しないとダメです!



この言葉から練習スタートし、
「絶対に動くなぁ!!」
「男前で踊って!」 「顔は前!!」
出来ていないと、途中でもストップ。 もう一度。

でも、ちゃんと皆の中に浸透していって、最後には「カッコイイ~♪」


そして、本日は合同のリハーサルがありました!

夏舞徒ライブバージョン♪
他の方に観て頂くのが初めて。
他のチームの人が間近で観ているところでの演舞!!
みんな 思いっきり踊る事が出来たかな?

他のチームの方々からは、たくさんのお褒めの言葉を頂きました。
「め組 すっごくいいねぇ~!!」
「すごかったよ~!!」
この言葉を胸に、残りの練習で、更に磨きをかけていきたいと思います!


そして、南中ソーランメンバー!
毎回、め組の練習前、夏舞徒の南中練習前、自分達で連絡を取り合って、練習前にも約1時間半くらい自主練しています。
これは、本当に褒めてあげたい!!
一生懸命やった練習の成果を 24日のめ組の練習で披露してくれました!
みんな「かまえ!」の段階で、感動していたねぇ~(^。^)
頑張れば、ちゃんと結果がでるんですねっ!
楽しみにしていて下さい♪♪



   


 

 

2009.01.25 (Sun) 00:00
南中ソーラン 合同練習!

夏舞徒 南中ソーラン

夏舞徒ライブのオープニングを飾る 各チーム選抜隊の南中ソーラン!!
11日の練習では、夏舞徒の練習に、め組と粋が参加しました。

 
め組では、出場者の希望を取り、本人達の意志で決めました。
以下のメンバーです!

ひかり (高1)
はる  (高1)
さくら (中2)
リオ  (中2)
えりか (中1)
ゆうな (中1)


みんなの代表で踊るという意識を持って、自分を高め、
練習に臨んでもらいたいと思います!

上手くなくてもいい、カッコ良くできなくてもいい、
おもいっきり頑張れば それでいい!!
一生懸命、練習してください。

「かまえ!」
IMGA202.jpg 


「荷物を後ろに投げて」
(“遠心力を使って、つま先上げて”って教えてくれました)
 

アップ・ダウン
「ドン・ドン・ドンドンドンドン♪」
 

全部振り落としが終わったところで、全員で披露~☆
前列:夏舞徒  中央:め組  後列:粋
 

 みんな眼見(◎o◎)
なんて みんな、覚えが早いんでしょう!!

 

最後に夏舞徒テツさんから一言
「この踊りは、北海道の踊りで、北海道Yosakoiソーランの始まりの切欠です。
そして、朝霞の鳴子は北海道からきたものです!
なので、皆さんもその意識を持って、がんばって練習してください!」
 

そうです…
朝霞の鳴子(よさこい)は、第1回北海道Yosakoiソーランを見た議員さんが
翌年朝霞に持ってきたもので、朝霞は全国で3番目によさこいを祭りに取り入れたのです!
こうして今も尚、彩夏祭が活性化し、みんなが楽しく踊っていられるのも、
その伝統を守ってきた人達がいるからです!!

そのチームの一つに、15年の歴史を持つ『夏舞徒』があります

これからも、この子達が子へ、そして子から孫へと…
いつまでも ずっーと受け継いでいって、朝霞に彩夏祭があることを願っています…

朝霞の南中ソーラン、ガンバレ\(^o^)/

2009.01.18 (Sun) 00:00